日本人は歯並びが悪い?外国人は歯に対する意識が高い

日本人が海外に留学などをした際に歯並びのことを言われた、という経験をした人もいるのではないでしょうか。
日本人であまり歯並びのことを気にしている人は少ないでしょう。
しかし外国人は歯並びの良さに強くこだわっているのです。

その理由の1つに、海外では歯並びがビジネスや恋愛に影響するから、という意識があることが挙げられます。
しっかりと歯列矯正ができていなければ清潔感がない人だと認識されてしまうのです。
そのため、外国人は幼いころから歯列矯正を受ける人が多く見られます。

また、海外では健康保険の制度がない国があることも理由の1つです。
健康保険制度がなければ虫歯など、歯のトラブルを起こした際には全額負担しなければなりません。
実は歯並びが悪いことは見た目だけでなく、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなってしまうのです。
このことから外国人には、虫歯や歯周病を予防するために歯列矯正を受ける人が多いのでしょう。

さらに歯並びの悪さが、生活の至るところで影響してくることを知っていますか。
例えば発音が悪くなったり、姿勢が歪んだりすることが考えられます。
また、集中力も低下し、良いことは1つもありません。
やはりビジネスというステータスにおいても歯並びは重要であることがわかります。

このような理由から海外では歯列矯正を受ける人が多いのですが、日本人には生まれつき歯の並びが悪い人が多いことも事実です。
これは先天的な問題ですが、日本人は外国人に比べて癒合歯が発生しやすいことが原因の1つです。
癒合歯とは、2つの歯が1つのものとして生えてきてしまうことです。
先天的なものとしては八重歯が多いことも挙げられます。
日本人には八重歯の人がたくさんいる環境であるため、八重歯であることが不自然だと感じにくいのかもしれません。

また日本人には出っ歯の人も多く見られます。
これは外国人との骨格の違いによるものです。
日本人は海外の人に比べて、頭部が縦に短く横に長くなっています。
そのため口元が出てしまい、出っ歯となるのです。

他にも日本人と外国人で予防歯科という意識の違いも原因でしょう。
日本では虫歯で歯科にかかる人が多いのではないでしょうか。
しかし海外では虫歯になる前に歯科にかかる人がほとんどです。

以上のことから海外では歯に対する意識が高いことがわかります。
やはり見た目でも健康の面でも歯並びは重要です。
歯列矯正は装置をつけるのに抵抗があるという人も、今日では目立たない歯列矯正もあるので安心してください。
ぜひこの機会に歯について考えてみてはいかがでしょうか。